Webのトレンドとエンジニアの不安

Webマーケティングの広まりに伴って、その様々な発想をWeb上で実現することができるwebエンジニアの需要が高く、求人募集も絶えない状況になっています。
Webの活用が注目されるようになって間もなくWebプログラミングを学んでエンジニアとして活躍するようになった人材にとって、この状況は自分のフィールドがトレンドになっていて仕事も収入も安定しているという嬉しい面があります。
一方で、トレンドとなって注目を浴びたことにより技術革新の速さにも目覚ましいものがあり、次々に登場する新しい技術の習得の必要性が高まることによる不安も否めません。
現場での仕事を行いながら、そういった新しい技術を習得して活用できるレベルを維持しなければ、現場で働き続けるのが難しくなるからです。
若い世代の人材はその新しい技術を基本的な技術として学んで現場に参入してくることになるため、経験が浅くとも将来的な有望さを考えて若手の能力向上を優先することになりがちになります。
その結果として、古いwebエンジニアが追いやられてしまう可能性を不安に思いながら、仕事をしなければならなくなってしまうのです。
その最たる例がプログラミング言語の移行であり、PHPが中心となっていた状況からJavaが主流に変わりつつあります。
求人においてもJavaの知識を持っていることが重要視される傾向にあり、PHPのみを扱うwebエンジニアは不安を抱かざるを得ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です