将来のビジョンを若いうちに描く

webエンジニアを始めとするIT関連業種は、若いうちにしか求人に応募することができないものです。
あまりに歳をとってからは採用されにくくなるために、それまでに何とか老後の対策を考えておく必要があります。
IT業界では定年まできちんと働ける保証はどこにもないことを肝に銘じておくべきです。
歳を取ったら物覚えも悪くなりますし、新しい技術について勉強をすることも難しくなります。
そういったときにでもお金を稼いで行くにはどうすればいいかは、若いうちに考えてそして実際にそうなれるように努力していく必要があります。

具体的な方法論には、いくつかのものがあります。
まずひとつ目に、若いうちに必死で働いて、そのお金を投資に回すというものです。
投資をすれば20年か30年後には数倍になっているので、老後資金に困ることもないです。
ただ、かなりの額を稼がないといけない点で大変ではあります。
上流工程に移動して、他人に指示を出す立場に立つというのも悪くない方法でしょう。
これなら定年まで働ける可能性があります。
しかし、多くのエンジニアがここを目指しますから、ポスト争奪戦は非常に激しいと思っておいたほうがいいです。
生半可な努力では競争に勝ち抜くことができません。
最後に、個人で事務所なりを立ち上げて経営者になるというのもひとつの方法としてあります。
これなら上流工程のような競争はなく、やる気さえあれば誰でもなれるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です